記事一覧

習近平国家主席来港。香港人の嫁ちゃんに胸中を聞いてみた

fc2blog_20170630050843a8a.jpg 




ウミの来期の幼稚園準備のため、顔写真を撮ってきました。生徒カードや、園内使用のもの、モロモロ合わせて12枚を幼稚園へ。


笑って笑って〜と言ったら、カメラに向かってハニかむウミがかわゆし。




ということでこんにちは。ようじパパです。



今年は香港返還の20周年記念ということで、中国本土の大統領、習近平国家主席が来港されています。


香港政府関連の施設(国会議事堂、税務署、移民局等)が集まる湾仔北部の一帯は、6月29日~7月1日の間、封鎖。世界各地で頻繁にテロが発生していることを鑑み、テロ対策レベルの警備措置を採るそうです。


これに伴い、日本領事館からも、デモや抗議活動に巻き込まれないように、と注意喚起が出ています。


また、日本領事館からは、香港返還20周年記念のその他のデモ/抗議活動についても、注意喚起が出ていて、最近は台風や鳥インフルなどでも何かとメール配信してくれています。



で、私は湾仔の方に行く機会なんかもなく、その実感はないのですが、せっかくなので香港嫁に香港人としての胸中を聞いてみました。


・ 自分は別に何も感じない。湾仔の仕事場に行くのが封鎖されていて行きにくい

・ イギリスの女王様が来たときは皆で歓迎モードだったけど、今回は中国化して得する一部の人しか歓迎してないんじゃない

・ イギリスの女王様が来たときは、市民との間はロープ一本しかなかったのに、中国の主席はそんなに香港にくるのが怖いの

・ ビクトリヤパークのエリザベスⅡ女王の銅像がいつの間にか隠されてる。いったい誰のしわざ??




というわけで、あまり気にしてないといいつつも、Facebookでの情報交換は繁く行っているようです。




fc2blog_20170630050926b08.jpg 




<一行広告は本日はお休み。小林麻央さんのご冥福を心よりお祈り申し上げます>





さてさて、香港人としては、今更


「私は中国人じゃない。香港人です」


みたいなことを言っている人には、会ったことがありません。


仕方ないけど私、中国人・・・


と言っていた人はいました。


返還から50年は主権は香港政府にあるという約束なのに、じわじわとあの手この手で締め付けてくる中国に対して、だんだんと反感の声が高くなっているなという感じです。


政府ばかりでなく、中国人に対する感情も、まあ、良いものではないですが、そちらのエピソードはまたおいおい書いていければと思います。



ブログ応援お願いします!


ブログ村のブログランキングに参加しています。


よろしければ、コチラをポチッとお願いします。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


本日もありがとうございます!





<広告>

ハンター×ハンター連載再開!34巻を読んで流れをおさらいしとく 

HUNTER×HUNTER モノクロ版 34【電子書籍】[ 冨樫義博 ]


感想(1件)

 




スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

<旅行情報の収集は口コミから>

・ホテルの口コミだけじゃない。観光スポットの口コミも頼れるT.A.


・ 日本人の口コミ数が半端じゃない。じゃらん




<スポンサーPR>




検索フォーム

プロフィール

ようじ

Author:ようじ
2012年から香港に住んでいます。お勤めもしていましたが、なんだかんだで主夫になりました。2児のパパをしています。バックパッカー時代のブログはこちら >> [[ My Book of Days ]].

全記事表示リンク

旅のおともに


カタコト英語とこの本で、初めての香港も乗り切れる?

香港第3版 広東語 (ここ以外のどこかへ! 旅の指さし会話帳) [ 伊藤まみ ]

価格:1,512円
(2017/12/4 03:20時点)
感想(1件)



中国返還前後の香港を描き出す、隠れた名作がコレ。

転がる香港に苔は生えない (文春文庫) [ 星野博美 ]

価格:1,069円
(2017/12/4 03:24時点)
感想(4件)



ハピタスで旅行を組み立てて、還元したポイントで旅行を更に楽しくできる。
その買うを、もっとハッピーに。|ハピタス

ホテルではなく、民泊というオプション。AirBnBへの登録なら、こちらからクーポンもらえます。
AirBnBがクーポンでお得に