記事一覧

香港の幼児教育事情。3歳児でも宿題やってます


朝、最初に起きるのはだいたいソラ。ソラに私が起こされて、私がウミを起こすもなかなか起きず、結局幼稚園を遅刻してしまう今日この頃。



fc2blog_201706261239126d0.jpg 


というわけでこんにちは。ようじパパです。


昨日は日曜日、お外に遊びに行く前に、ウミは宿題をしました。


ウミは3歳、香港の幼稚園システムでは、K1というレベルになります。


夏休みが終わって9月からK2、来年の9月からK3、その次はもう小学校になってしまいます。


幼稚園は基本的にK1からスタートですが、2歳からNursery(保育)のクラスに入れることもできます。でも、K1とかより、子供の手がかかる分、料金も高いです。


ウミはこのNursery からいまの幼稚園に通っていますが、2歳児でも幼稚園は宿題を出してきました。


さすがに2歳児のときは週に1回ぐらいの宿題頻度。内容はもちろん簡単ですが、どちらかというと、親の方に「こうゆうのはこうやって教えてあげてね〜」と指導されているような感じでした。


fc2blog_20170626124119178.jpg 


3歳、K1になると、幼稚園というより学校じみてきました。


「一」「十」「日」「田」・・・


と、漢字の練習もしています。


ウミの幼稚園は半分インターナショナルなところで、先生の半分は英語をしゃべり、もう半分は北京語をしゃべります。広東語は、友達としかしゃべらないとか。(Nursery の間は、北京語でなく広東語でした)


なので、勉強している漢字も、広東語ではなく北京語のものをやっているということなのでしょう。


ちなみに、この週末のウミの宿題は次の3つでした。


・ 漢字「木」の書き方練習

・ 数字「9」の書き方練習

・ 新聞記事をひとつ貼る(世間を知るという目的で、親が選びます)


前の週までは、ほぼ毎週、読書感想的なものもやっていました。


fc2blog_20170626124241c32.jpg 




<一行広告>「親と子の絆を深める」なまはげ訪問しつけ支援サービス





皆さん、ご存知でしょうか。香港の教育は随分と競争社会なんです。


赤ちゃんは産まれる前から希望の幼稚園の入園枠に並び、


小学校のお受験までには束のように「こんなアクティビティやりました証書」を集めて、


幼稚園児でも週何回もの習い事は当たり前、


小学校からは宿題も膨大に増えて遊ぶ暇もなし、、、



というのが常識のようです。


ウミ・ソラのいとこちゃんも、ピアノにバイオリンにバレエに水泳、さらに塾で算数、英語、・・・と幼稚園時代から大忙しでした。



うちの場合はウミの幼稚園の手配をはじめたのが1歳すぎてからと、のんびりしていた方ですが、

もうNursery は行けないかも・・


と嫁ちゃんは本気で心配していました。



もちろん、このような過激な競争を選ばずに、近所のローカル幼稚園、という道もありますが、それでは将来の就職先はそこらの食堂の注文取りか皿洗いとか、そんなものだという認識です。


なので、親心としては、子供が自分で選べるようになる前から、他のコに遅れをとらないようにあれこれさせてやりたい、豊かな将来をつかませたい、と考えるのはわからないでもないですが、やっぱりうちはあまりついて行ける気がしません。



実際、前のお勤め先で大人の香港人を見ていても、とてもそんな過当競争を戦ってきた人たちだとは、感じられないレベルでした。失敗は多いし、右から左にコピペですますし、ミスを指摘されるとだいたい怒って、話しがしにくくなります。


もちろん、中には優秀な人材はいます。いますが、それは勉強(仕事)できる優秀さでなく、個性のレベルでした。



まあとにかく、私自身も香港の教育のあり方で優秀な人間を作れていると思っていないし、香港人の嫁ちゃんも、子供にストレスを掛けすぎるこのシステムは嫌っています。



嫁ちゃんのように、香港の中でもこの教育システムは問題視されている向きもあります。


香港政府も、3歳児から漢字の書き方を覚えさせるのはやり過ぎだったと認めたそうで、来年あたりからはK1クラスでの書き方はなくなるとかどうとか。見て覚えるとか、指でなぞるとかぐらいはするでしょう。



ウミも小学生まであと2年ちょい。そろそろ、先のことを真面目に考えなければいけなくなってきました。





ブログ応援お願いします!


ブログ村のブログランキングに参加しています。


よろしければ、コチラをポチッとお願いします。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


本日もありがとうございます!







<広告>

ネットショップのポイントに加えて、ハピタスならさらに還元でお得が倍!ネットがますます楽しくなります。

日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス




スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

<旅行情報の収集は口コミから>

・ホテルの口コミだけじゃない。観光スポットの口コミも頼れるT.A.


・ 日本人の口コミ数が半端じゃない。じゃらん




<スポンサーPR>




検索フォーム

プロフィール

ようじ

Author:ようじ
2012年から香港に住んでいます。お勤めもしていましたが、なんだかんだで主夫になりました。2児のパパをしています。バックパッカー時代のブログはこちら >> [[ My Book of Days ]].

全記事表示リンク

旅のおともに


カタコト英語とこの本で、初めての香港も乗り切れる?

香港第3版 広東語 (ここ以外のどこかへ! 旅の指さし会話帳) [ 伊藤まみ ]

価格:1,512円
(2017/12/4 03:20時点)
感想(1件)



中国返還前後の香港を描き出す、隠れた名作がコレ。

転がる香港に苔は生えない (文春文庫) [ 星野博美 ]

価格:1,069円
(2017/12/4 03:24時点)
感想(4件)



ハピタスで旅行を組み立てて、還元したポイントで旅行を更に楽しくできる。
その買うを、もっとハッピーに。|ハピタス

ホテルではなく、民泊というオプション。AirBnBへの登録なら、こちらからクーポンもらえます。
AirBnBがクーポンでお得に