記事一覧

とある茶餐店の羅漢斎炒麺は長崎皿うどんだった


【 道楽のときどき日記 】 ~香港編~-日式結婚衣装屋さん



ウェディング着物の試着の帰り、既に夜9時も過ぎて程良く腹も減っていたので、茶餐店で夕食にしました。


茶餐店というのは読んで字の如く、お茶をしたり食事(午餐、晩餐)をしたりするお店です。比較的安く香港らしい食事ができてメニューも豊富な、いわばローカル食堂的ファミレスなので私のような新米には嬉しいのですが、根っからの香港人としては時間がない時に手早く手近で済ませたいときに利用するタイプのお店なのだそうです。やっぱり、日本人の感覚でいえばファミレスか喫茶店のようなお店。香港の、人が集まる場所ならいたる所にあります。



この茶餐店、香港的中華料理からサンドイッチまで料理のバラエティがあるのは嬉しいのですが、ちょっと店員さんの態度というかクオリティが他の香港スタンダードよりも中国本土に近い感じがあります。つまり、愛想がなくて若干不衛生な感じ。


まあそれも、この日に入ったお店だけなのかもしれませんが、恐らく昔ながらのお店のスタイルだから昔ながらの接客と経営なのだと思います。お手ごろに美味しい香港を食べに茶餐店へ行くのはいいけれど、まあ中国的なお店を覗くつもりで入ってみるのもいいかもしれません。



さて。今回食べたのは、この日のお昼に会った日本人のお兄さんがよく食べると言われていたものを試してみたくて、『羅漢斎炒麺』。


【 道楽のときどき日記 】 ~香港編~-羅漢斎炒麺


注文して10分もかからず出てきたのは、熱々とろとろの餡がたっぷり掛かったパリパリ麺。


固揚げされた麺をバリバリ割りながら、掛かった餡と野菜と一緒に食べる。どこかで食べたことある食感と味、と思ったら、かなりのシンクロ率で長崎皿うどんでした。皿うどんと一口に言っても家庭(お店)ごとに味が異なるのですが、でも、まあ、だいたいこんな感じ。


そういえば、長崎のちゃんぽんも皿うどんも、中華料理屋が出しているぐらいだから、元々はやはり中華料理なのでしょう。


不思議な感覚で、でも懐かしい味を美味しく頂きました。



ちなみに、この料理の名前を追うと、


羅漢 = 仏弟子/お坊さん。


斎 = ベジタリアン料理。


なので、精進料理かと思いきや、なかなか量も多いし油こってりで、カロリーが高そうです。


結婚式に向けてダイエットを考え始めている私たちには、ちょっと腹回りの緩みが気になる精進料理でした。美味しかったから、良かったけど。



スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

<旅行情報の収集は口コミから>

・ホテルの口コミだけじゃない。観光スポットの口コミも頼れるT.A.


・ 日本人の口コミ数が半端じゃない。じゃらん




<スポンサーPR>




検索フォーム

プロフィール

ようじ

Author:ようじ
2012年から香港に住んでいます。お勤めもしていましたが、なんだかんだで主夫になりました。2児のパパをしています。バックパッカー時代のブログはこちら >> [[ My Book of Days ]].

全記事表示リンク

旅のおともに


カタコト英語とこの本で、初めての香港も乗り切れる?

香港第3版 広東語 (ここ以外のどこかへ! 旅の指さし会話帳) [ 伊藤まみ ]

価格:1,512円
(2017/12/4 03:20時点)
感想(1件)



中国返還前後の香港を描き出す、隠れた名作がコレ。

転がる香港に苔は生えない (文春文庫) [ 星野博美 ]

価格:1,069円
(2017/12/4 03:24時点)
感想(4件)



ハピタスで旅行を組み立てて、還元したポイントで旅行を更に楽しくできる。
その買うを、もっとハッピーに。|ハピタス

ホテルではなく、民泊というオプション。AirBnBへの登録なら、こちらからクーポンもらえます。
AirBnBがクーポンでお得に