記事一覧

香港散歩 小西湾~銅鑼湾

【 道楽のときどき日記 】 ~香港編~-チムシャーツイを眺める




10月4日、木曜日。今日の散歩は初めての場所に行こうと思い、相方の仕事先近辺までのこのこ付いていって、周辺をぶらついていました。今回は散歩で見たもの食べたものを紹介して、香港の雰囲気をお届してみようと思います。



①小西湾


相方は音楽の先生。日替わりどころか、数時間単位で仕事場が変わります。今日はまず、香港島の東の地域、小西湾の中学校へ。私も、その周辺をぶらぶらしました。観光とは縁のない、アパート乱立の居住区域です。


新しいショッピングモール。藍湾半島(Island Resort)。


【 道楽のときどき日記 】 ~香港編~-小西湾 Island Resort Mall①


まあ、こうゆうショッピングモールの作りは日本のそれと大して違いはありませんが、日本よりもさらに土地の狭さを感じる、面積に余裕のない感じです。あと、スーパーが2階や3階にあったりするのも、日本ではなかなかないことでしょうか。


【 道楽のときどき日記 】 ~香港編~-小西湾 Island Resort Mall②

ゲームセンター。レトロなピンボールやよくあるコイン落としに混じって、日本のゲームも大活躍です。


【 道楽のときどき日記 】 ~香港編~-小西湾 Island Resort Mall③

画面の表示や音声なんかは日本語のままなのですが、こちらの言葉(広東語)で説明が書かれて貼られているだけ良心的です。インドネシアのゲーセンの日本ゲームは生のままで、遊び方どころか使用上の注意すら説明されていませんでした。


【 道楽のときどき日記 】 ~香港編~-小西湾 市場


古いショッピングモール。発展途上国ならどこの町にでも見られる、昔ながらのマーケットが、すぐ近くにありました。こうゆうマーケットは広さにもよりますが、肉屋、八百屋、魚屋を始めとして、薬屋、漢方屋、酒屋、花屋、パン屋から、おもちゃ屋まであることもあります。

【 道楽のときどき日記 】 ~香港編~-小西湾 アパート①


そんなマーケットから一歩出ると、周囲は高層アパート群に囲まれています。「香港の空は狭い」と相方が言っていましたが、本当です。ここは、東京とは別の意味でのコンクリート・ジャングルです。


【 道楽のときどき日記 】 ~香港編~-小西湾 アパート②


ざっと数えて41階。これだけ高い建物ばかりだとちょっと怖くもなりますが、地震は来ないのだそうです。


【 道楽のときどき日記 】 ~香港編~-小西湾 アパート③

しかし待てよ、と思って造山帯を調べてみると、ちょっと心配にもなります。環太平洋造山帯とアルプス・ヒマラヤ造山帯、それらの範囲がどこまでなのか確固とした定説があるのかはわかりませんが、人(サイト)によってその範囲は若干異なるようです。下↓のサイトでは、香港はしっかりと、それらふたつの造山帯に含まれています。危うし!


http://www.jaea.go.jp/04/tono/kenkyusitu/web/resources/re020202.html


まあ、論じても仕方のないことはおいといて、アパート群の地上の様子。過密な密度の人口を抱えるだけあって、ちょっと広い場所があればベンチに灰皿にゴミ箱に木陰。人の暮らす場所への配慮が、とても過ごしやすそうです。



②銅鑼湾(Causeway Bay)


夜には所変わって、銅鑼湾へ。

【 道楽のときどき日記 】 ~香港編~-銅鑼湾の街角

相方の2件目の仕事が終わるのを待つ間、買い物へ。


【 道楽のときどき日記 】 ~香港編~-香港ダイソー①


ここは、ダイソーの商品を扱うお店。ちょっと前までは100円ショップならぬ$10 Shop(テンダラーズ・ショップ)と小気味の良い名前だったのですが、今は商品が12ドルからと値上がりして、$12 Shopに。とても呼びにくい感じ。これも円高の影響です。


【 道楽のときどき日記 】 ~香港編~-香港ダイソー②


日本食品(レトルトやお菓子)を仕入れたり、日本でお馴染みの便利グッズを手に入れたり。ダイソーは、偉大です。


ただ、全て日本のパッケージのままなので、こうゆう電池の呼び方などの注意書きなども必要なようです。


【 道楽のときどき日記 】 ~香港編~-香港ダイソー③


それから、時間が余ったので、本屋へ。銅鑼湾にはSOGO(香港表記:崇光)があり、その11階は旭屋という日本の書店です。立ち読みならぬ、座り読みのできる(?)ソファがあります。さすがに、雑誌にはカバーが掛かって読めなくしてありました。


【 道楽のときどき日記 】 ~香港編~-SOGO 旭屋書店


ちなみに、香港では日本から輸入した書籍はだいたい1.5倍くらいのお値段になります。当然ですが、日本から遠くなればなるほどお高くなって、シンガポールまで行くと、2倍。オーストラリアでは3倍でした。メルボルンの商店では週刊ジャンプ(定価240円?)が1000円ぐらいだと言っていました。それでも、店の儲けは100円程度だとか。



さて、相方も仕事を終えて来てくれたので、晩御飯。今日は上海料理を食べました。

【 道楽のときどき日記 】 ~香港編~-上海鱔炒麺


田ウナギの炒麺(焼きソバ)は上海らしく、うどんのような太麺シコシコ。


【 道楽のときどき日記 】 ~香港編~-生煎包


そして小籠包と生煎包。美味しかった、・・ですが、やはり生煎包は本場上海に敵わない。日本にも「焼き小籠包」として売られているこの料理だけは、上海で食べるのが一番です。


それから、食後の腹の隙間をもう少しだけ詰めるべく、街角で小吃。


【 道楽のときどき日記 】 ~香港編~-街角の小吃屋


揚げ物、煮物、焼き物、いろいろありますが、今夜は炸大腸(たぶん豚の大腸グルグル巻き揚げ)とココナッツミルク。ジャンクな味ですが、美味し。。


【 道楽のときどき日記 】 ~香港編~-炸大腸!



銅鑼湾を去り際に通りかかった、タイムズ・スクエア。


【 道楽のときどき日記 】 ~香港編~-タイムズ・スクエア・ハロウィーン①


ビル前の、季節ごとに展示が変わるという広場では、ハロウィンらしきものができあがっています。


【 道楽のときどき日記 】 ~香港編~-タイムズ・スクエア・ハロウィーン②


晩夏の一大イベントである中秋節(そして影の薄かった国慶節)を終え、香港は次なる秋のイベント、ハロウィーンに向けて盛り上がっていくようです。


【 道楽のときどき日記 】 ~香港編~-タイムズ・スクエア・ハロウィーン③

中国の文化と西洋の文化を、ほどよく併せ持つ都市の、季節の変わり目でありました。







スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

<ブログ主オススメ>

・ホテルの口コミだけじゃない。観光スポットの口コミも頼れるT.A.


・ トリバゴで世界のメジャー級ホテル検索サイトを一発比較



<スポンサーPR>




・ 香港とアジアの旅行ならCtrip

検索フォーム

プロフィール

ようじ

Author:ようじ
2012年から香港に住んでいます。お勤めもしていましたが、なんだかんだで主夫になりました。2児のパパをしています。バックパッカー時代のブログはこちら >> [[ My Book of Days ]].

全記事表示リンク

オススメ

<<ハピタスでお得をプラス>> 日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

<<ネット回線ご検討中なら>>

<<こういう形の復興支援も>>

<<サラリーマン必見!まずは無料資料をご確認されたし>>

<<FX:緩いトレンドとレンジを狙い撃ち!>>

8月の実績(販売者さんの実績です)

8/1 2勝3敗 +0.5pp
8/2 3勝1敗 -6pp
8/3 3勝2敗 17pp
8/4 1勝0敗 1.5pp

8/7 7勝0敗 24.5pp
8/8 2勝1敗 -5pp
8/9 4勝2敗 1.5pp
8/10 4勝0敗 19pp
8/11 4勝3敗 0pp

8/14 7勝1敗 32.5pp
8/15 3勝1敗 16.5pp
8/16 5勝2敗 -52pp
8/17 7勝1敗 43pp
8/18 2勝3敗 -28.5pp

8/21 5勝4敗 -14.5pp
8/22 5勝2敗 24.5pp
8/23 4勝2敗 1.5pp
8/24 4勝3敗 -13.5pp
8/25 2勝0敗 2.5pp

8/28 4勝1敗 21.5pp
8/29 8勝0敗 62.5pp
8/30 4勝3敗 -28.5pp
8/31 3勝1敗 14pp

93勝36敗 +134.5pp